Bare Knuckle Pickups “Boot Camp Series”徹底比較!『Brute Force』『True Grit』『Old Guard』あなたの欲しいサウンドはどれなのか!!

高級ピックアツプメーカーBare Knuckle Pickups

そのBare Knuckle Pickupsからエントリーモデルの"Boot Camp Series"が発売されたが、未だにそれらの情報は少ない

今回、『Brute Force』『True Grit』『Old Guard』という3つの出力、そしてハムバッカー、シングルコイル、テレ、P-90の4種類のモデルを有している"Boot Camp Series"の各種モデルの特徴に迫る

Bare Knuckle Pickupsとは

Bare Knuckle Pickups(ベア・ナックル・ピックアップ)は、イングランドのギタリスト、Tim Mills氏によるプライベートな製作より始まりました。同氏は自身が長いキャリアを誇るベテランのスタジオミュージシャンでもあり、その経験に基づいて、より幅広いレンジを持ち、多様なジャンルをカバーできるピックアップの必要性を感じ、開発をスタートさせます。

そのような経緯で作られたピックアップは、非常に高い評価を得るにいたり、故ゲイリー・ムーア氏など、有名なギタリストにも使用者が見られ始めます。現在ではヴィンテージ系サウンドを持つオールドスタイルなものから、ジェントと呼ばれるプログレッシブメタル系アーティストのシグネイチャーモデルまで、まさに多種多様というに相応しい、充実したラインナップを誇ります。

2000年代中盤ごろから、日本国内に流通が始まり、2010年代に入ってくると大手楽器店での取り扱いも見られるようになりました。現在でもイギリス国内の本社で、数少ない職人が一つ一つをハンドワイアードで作るというブティックスタイルを変えることなく、世界最高峰のピックアップを作り続けています。

パワーの大小などは製品によって異なりますが、どのモデルにも共通してみられる点があります。その中でも最大の特徴は、創業者のTim Mills氏が最初の命題として置いた「レンジの広さ」であり、それに伴う抜群のヌケの良さや明瞭さです。それに加えて、ピッキングのダイナミクスやギターのボリュームに対しての追従性の高さ、そして歪ませた時にも音がつぶれずにしっかりとした芯を残す点など、優れたピックアップに要求されるポイントを高いレベルで持ち合わせています。

※引用元:エレキギター博士

スポンサーリンク
>

Boot Camp Series

Boot Camp Series

”3 output ranges, 4 types of pickup and all the core options taken care of. It’s as easy as that. Handwound at the Bare Knuckle workshops, warrantied for life and available exclusively from registered Bare Knuckle dealers worldwide.
No more excuses. Get your tone in shape!”
記載元:Bare Knuckle Pickups

”3つの出力別モデル、4種類のタイプ別ピックアップ、すべてオプション処理が選択可能。 とても簡単です。 ベアナックルワークショップでの手巻き。生涯保証付きで、世界中のベアナックルディーラーからのみ入手できます。
言い訳無用。 素晴らしいトーンを手に入れよう!!!”

Boot Camp SeriesはBare Knuckle Pickupsのエントリーモデルに当たります

メタルサウンドなどを想定されているハイパワー設定の『Brute Force』
ハイゲインからローゲインまでバランスよく調整された『True Grit』
ヴィンテージPAFの様な枯れたサウンドが特徴の『Old Guard』

これら3つの出力別モデル、そして

ハムバッカー、P-90、シングルコイル、テレキャス用の4種類のモデルが設定

手持ちのほとんどのギターにおいてBoot Camp Seriesを搭載することが出来ます

Boot Camp Seriesは、Bare Knuckle Pickupsの中では非常に低価格な価格設定となっており、『The Mule』や『Aftermath』の半額程度の値段で購入できます

しかし、価格が抑えたてたからといって作りが荒くなっている訳ではありません

全て手巻きで作成されており、保証も生涯補償が必ず付きます。また、全種類においてピックアップカバーの有無や7弦用など、幅広いカスタムを施すことが可能です

これらのカスタムは、Bare Knuckle Pickupsを正式輸入している国内全ての店舗で可能となっており、気軽に自分好みのBoot Camp Seriesを作ることが可能となっています

Brute Force

プログレ、メタル、ハードコア等ハイゲインサウンドに特化したモデル

セラミックマグネット(ストラトとテレはアルニコVを使用)を使用しており、歪を強く設定しても音が潰れることなく幅広いレンジを出力することが出来る

特にローサウンドは非常に明快に出力され、チューニングを落としても音の輪郭が崩れることなく抜けてくる

また、出力は高いがピーキーな音にはなり辛く、クリーントーンにおいても奇麗なサウンドを出すことが出来る

True Grit

アルニコVの使用を特徴とした中出力のピックアップ

ハードロックやパンク、フュージョン等の音楽に使用されることを想定されている

音の特徴は広いレンジに加えて、非常に太く豊かなトーンが出力される

ギターボーカルのバッキングサウンドから、ソロを取れるリードギターまで幅広いミュージシャンが使用することが出来るだろう

特にシングルコイルのサウンドは素晴らしく、リアからフロントまでどれを選択しても最適なトーンが得られる

Old Guard

アルニコⅡを使用しているピックアップ

低出力であり、ヴィンテージPAFやヴィンテージストラトキャスター等に近いサウンドとおり、Bare Knuckle Pickups特有の広いレンジはそのままに、開放的なサウンドを出すことが出来る

さらに、ハイゲイン設定にしても音が潰れることなく出力されるため、他社のヴィンテージピックアップモデルよりも幅広いトーンとサウンドを作り出すことが出来る

まとめ

Bare Knuckle Pickupsのエントリーモデル"Boot Camp Series"

非常に優秀なピックアップであり、『Brute Force』『True Grit』『Old Guard』という3つの出力、そしてハムバッカー、シングルコイル、テレ、P-90と各種設定されている事から手持ちのギターにインストールしやすい

今もしピックアツプの交換に悩んでいるならば、一度検討していただきたいモデルである