【グループワーク必勝法】タイムキーパーこそ最強!!必ず勝ち抜ける!!

就活においての難関

グループワーク
またはグループディスカッション

初めて会う相手、緊張感の漂う雰囲気

奥手であまり人前で発言するのが得意でない人は非常にきつい・・・

そんな人のために必勝法を伝授!!

タイムキーパー役になることで内定に一歩近づけます!!

タイムキーパーこそグループワークにて最強ポジションなのです!!

グループワークとは

グループワーク、またはグループディスカッション

就活生4~6人程度のグループを作り

企業から出されたお題に対して制限時間内にグループでの回答を出す集団面接の一つ

かなりの数の企業で採用される試験で、就活生は必ず受けることになる

リーダー・書記。タイムキーパーという3つのポジションを最初に決め

その3役の人を中心にグループワークを行っていく

全員初対面なので、3役は挙手制で決めることがほとんど

3役の役割と適正は以下の通り

リーダー

全員の意見を平等に取り上げ、チームの意見の方向性を決める

決断力や積極性が必要であり、リーダーに決まった時点で面接的には高ポイント

一番目立つポジションであることは間違いなく、面接官の目に必ず留まる

無難にグループをまとめ上げれば面接をほぼ勝ち上がれる

リーダーをやるチャンスがあるなら、やるに越したことはない

書記

グループで出た意見を書き留める役割

グループ全員が見て分かる奇麗な字を書くことが出来、

なおかつ書くスピードも求められる

更に常用漢字も不自由なく書ける必要がある

グループワークで書いたメモは、後に面接官の目に留まるので

形ある成果を示せるのがメリット

タイムキーパー

制限時間をきちんと図りグループに伝える

議論が熱くなっても冷静に時間を確認できなければならない

時間の確認をするだけなので正直誰でもできる

面接官へのアピールポイントも少ない

しかし、実はこのタイムキーパーこそが最強ポジション

スポンサーリンク
>

なぜタイムキーパーが最強なのか

上記ポジション説明から行くと最強はリーダーであるように思うだろう

ではなぜタイムキーパーが最強なのか?

まず、グループワークで求められているのは以下の3点のウェイトが大きい

1. 協調性

2. 積極性

3. 自分の意見があるかどうか

この3点をうまくアピールするならば、自分の意見を議論の中心に持っていき

グループの案として採用してもらうのが一番手っ取り早い

となると、まずリーダーは意外とこれをするのは難しい

自分の意見を上手く自然に通すとなるとかなりの技術が必要

書記や役無しでは労力が非常にかかる

そんな中、タイムキーパーであれば、少しの労力で意見を通すことが出来るのである

なぜか?

それは時間を味方にし、それを有効に使えるから

グループワークでいかにして自分の意見を通す、もしくは議論の中心にするか

普通に議論中に意見を言うのでは意見の採用確率は五分五分でしょう

しかし、タイムキーパーという立場を有効に活用することで高確率に意見を通すことが出来る

だからこそタイムキーパーが最強なのです

ではどう有効に使うのか?

グループワーク必勝法

では必勝法を伝授します。それは・・・

時間を伝えるときに自分の意見と全体をまとめた意見の2つを言う

それだけ?

はい、それだけです

では、なぜこれが必勝法なのか?

それは、伝え方にあります

では制限時間残り5分、意見のまとめに入る時を想定してみましょう

悪い例から

みなさん、制限時間残り5分です。そろそろ意見をまとめませんか?
ちなみに私は〇〇〇という意見です。

確かに時間を伝えるときに自分の意見を言っています

タイムキーパーから時間の知らせなので注目度もあるでしょう

時間間際なので、それなりに良い意見なら採用される確率も高い

しかし、それなりにインパクトのある意見を捻出するのはかなり大変・・・

それでは必勝法です

皆さん、時間が残り5分です、そろそろまとめに入った方がいいと思うのですがいかがでしょうか?
また、今までの議論について私は〇〇〇という意見ですが、まとめるに際して□□さんと△△さんの意見も合わせた☆☆☆という意見はいかがでしょうか?

この回答のポイントは3つ

1. 時間を伝えるという行為で全員の注目を一気に集める

2. しっかりと自分の意見を言う(内容のインパクトは特に必要ない)

3. 今までの議論をまとめた回答を言うココ重要

まずポイント1について

グループワークでは自分の発言時にいかに全員の注意を引き付けるかが大切

ここでは時間を伝えるという武器を使い全員の注目を一気に引き付けます

更に、まとめなければいけない時間ということを伝えて周りを少し焦らせます

ポイント2

一気に全員が自分に注目をしたところで意見を述べます

全員がしっかりあなたの意見を聞くことになり、意見の印象が強く残ります

全員が注目して聞いているという雰囲気は面接官にも必ず伝わり着目されます

しかし、特にインパクトのある意見は必要ありません

ポイント3 ここが大切

ここでちゃっかり議論をまとめます

グループワークで一番大変なのは意見をまとめること

全員が注目し、なおかつ時間に余裕がないことも伝えられ多少の焦りもある

そんな中まとまって意見が出たらどうでしょう?

多かれ少なかれそれに縋り付きたくなるはずです

そうすることで自分のまとめた意見が採用される確率が大幅に上がります

もし採用されなかったとしても、議論の中枢になることは間違いなく

面接官からの評価も大いに期待できます

さらに!

他人が出した意見の良い所取りでまとめるので、とても簡単

なのに、さらっといかにも自分の意見の様な印象を周りに与えることが出来る

まさに一石二鳥

【グループワーク必勝法】まとめ

いかがでしたでしょうか?

タイムキーパーという時間を武器に注目を集める戦略

そこに他人の意見を都合よく添えることで、あなたの評価が上がることは間違いなし

前半から意見を多めに言ったり

逆に口数少なくズバッと最後にまとめたり

アレンジや工夫は自由自在

是非この必勝法を軸にグループワークを制してください!!

その他就活情報