理系ナビとは?評判はどうなの?どういうサービスなの?【徹底解説】

2020年5月21日

理系専用の就活サービス

それが『理系ナビ

理系学生の就活は文系と違い、自分の専門分野に特化した企業を選定する

しかし、ニッチな業界などが多く通常の新卒リクルートサイトだと情報に不安が。。。

就活のカウンセリングやアドバイスを聞きたいけど、理系分野の話分かってくくれるアドバイザーってあんまりいない。。。

そんな理系就活生の悩みを解決するのが『理系ナビ』

初めて聞いたけど評判どうなの?

どんなサービスなの?

理系ナビとは

理系ナビの概要

理系ナビとは、

理系のためのインターンシップの紹介

・就活準備とスキルアップ

・理系専門スタッフによるアドバイス

・理系企業からのオファーの斡旋

・理系専門就活情報の発信

といった、理系に特化しまくった就活サービスなのです

インターンシップの紹介

理系ナビではインターンシップの情報発信

そして紹介を積極的に行っています

大手サイトにない情報もかなり出ています

キャリアアドバイス

就活に関してのアドバイスも受けることが可能です

アドバイザーは理系の分野で活躍した方となっており

専門的な話ができるサービスです

企業からのオファー

企業側から登録者へ、就職のオファーが来る制度も取り入れています

自分の専門分野に適した企業からのオファーが非常に来やすいとの話

スポンサーリンク
>

理系ナビのメリット

インターンシップ先の紹介

理系の就活で一番最初の難関は、

3年次のインターンシップ先を見つけること

専門分野が多く分かれている理系では、自分の分野にあったインターンシップ先を見つけるのは至難の技

中には中小企業がメインの業界も多く、なかなか大々的にインターンシップの募集は行っていない

しかし、理系ナビではしっかり中小企業も独自にカバー

自分の選考にあった企業を選びインターンシップに参加できます

理系専門アドバイザ

専門用語が多く通常のリクルートサイトなどの相談では込み入った話はし辛い

そこで、理系ナビでは理系就活専門のアドバイザーに相談できます

・自分の分野はどの企業が最適なのか?

・自分の選考分野はその企業で十分生かし切れるのか?

そんな深い相談も可能です

大学院生も安心

理系の就活生において他のサービスでは絶対にできないのが

大学院生の就活対応

学部生より専門的、スキルも高く研究職なども視野に入っている

そんな大学院生の対応もバッチリ

先ほどの専門アドバイザー、そして業界OBや協力企業からの膨大な情報量

他のサービスでは真似できません

企業からオファーが来る

登録をしておくと企業側から学生にオファーが来る仕組みになっています

理系の就活は、企業側も自社に合う分野を専攻している学生を見つけるのは大変

なので理系ナビを双方用いる事で、企業と学生のマッチングを行っています

登録無料

もちろん登録は無料

更に、大手同様卒業年度毎にサイトを作成しているので

古い情報に当たる事もないから安心

理系ナビのデメリット

認知度が低い

まだまだ認知度が低いのが現状

そのため登録していな企業もまだあり、企業の登録数(理系職のみ)では大手よりも少ないです

しかし、デメリットは正直これくらいしかありません

情報源や過去の実績から信頼のおけるサービスであることは間違いありません

理系ナビの評判

理系ナビの評判で特に悪いのは今のところ見当たりません

そのため、押し売りのような企業の斡旋や

しつこすぎる営業も今のところ確認されていません

非常に理系に寄り添ったサービスであるといえます

また、利用者の評判もアップしておきます

理系ナビまとめ

いかがでしたでしょうか

まとめ
1.理系に特化した就活支援サービス
 ・インターンシップ
 ・理系専門アドバイザー
 ・オファー制度

2.登録は無料
3.知名度が低いのは難点

理系に特化した各種サービスは必ず就活の助けになると思います

登録自体は無料なので一度登録はしておくべき!!

その他就活情報