【大学院進学】コロナ不況で就職氷河期!大学院へ進学ってどうなの??大学院の疑問を解決!!

2020年7月31日

突然現れたコロナウィルスによる就職氷河期の到来

5月に入り、さらに状況は厳しくなっています

そこで、あえてここで大学院へ進学し

2年後景気が上向いた時に進学すればいいのでは??

そもそも大学院とは?

学費はいくら?

試験はいつあるの??

そんな疑問を解決しましょう

大学院について

二つのStep

大学院は専門的な勉強、そして専門的な研究をするところです

大学院には実は課程が二のStepに分かれています

基本的に先輩たちや周りの人たちが言っている

大学院に進学していい会社にはいるんだ!

今は不景気だから一度大学院へ進学してから就活しよう!

というのはStep1の修士課程のことです

Step2の博士課程は就職を考えている人には不向きです

専攻が絞られ過ぎ、なおかつ年を取り過ぎてしまいますので辞めましょう

学部より良い会社に入りたい
就職難だから時期をずらしたい
そういう方は修士課程を選んでください

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

学費

学費は正直大学により変わります

下記が公立大学と私立大学の平均金額です

平均なので高めに出ていますがこれらを2年分の換算にすると

公立校 文系130万
    理系160万

私立  文系160万
    理系200万

理系はどうしても実験施設や機材にお金がかかるので文系よりも2割ほど高くなります

学費はおよそ100万強~200万円
(公立私立、文系理系によりばらつきあり)

入学試験

時期

大学院には入学試験の時期が秋と春の2回あります

秋入試 7~10月(申し込み5~6月)
春入試 1~3月(申し込み12~2月)

秋と言いつつほぼ真夏。。。春といいつつほぼ真冬。。。

まあそれはさて置き

基本的に上記の期間で2回入試が行われます

受ける人の傾向としては、最初から大学院へ進学を決めている人が秋を

就職に失敗、もしくは進学と悩んで就職の結果が出たが進学を選んだ場合が春を受けます

試験内容

試験形態として多いのが

筆記+面接

筆記は英語をマストに自分の研究分野と教養辺り

そして面接自身の研究についてをメインに

中にはTOEICの点数が必要だったり

学部の成績が良ければ面接だけだったりと色々です

確実に言えるのが内部進学するのであれば、きちんと勉強すれば受かります

入学試験は秋(7~10月)と春(1~3月)の年2回
試験内容は筆記+面接が多数を占める!!

金銭的支援(ティーチング・アシスタント)

大学院では金銭的に負担が大きい学生に対して学部よりも制度が手厚くなります

中でもTA(ティーチング・アシスタント)というバイトが魅力的

これは先生の授業を手伝うことによりお金がもらえる大学院だけのシステムです

要は大学にいながらバイトが出来てしまうのです!!

金額は月3~5万円くらい

時給でいうと2000円にもなる場合もある超高給アルバイトなのです!!

もちろん、学部の時と同様奨学金制度もあります

大学院在学中はTAのアルバイトで金銭的支援がある!!

大学院卒の就職

大学院卒(修士課程)の就職はどうなのか
※博士課程は例外なので今回は除きます

メリット1

学部では募集されていないレアな職種に就くことができます

それが研究開発業務

この職種は大学院卒を基本としているため、学部卒では受けることもできません

更に研究開発の採用を行っている企業は大手が多く

入社できれば年収はかなり高くなります

メリット2

初任給が高い

大学院卒は学部卒よりも2~4万円ほど初任給が上がります

これは入社そうそう、学部の時に就職した周りの友達よりも給料が高いのです

メリット3

やはり就職試験において優遇される

最終選考で二人に一人を選ぶ場合、大学院性を選ぶ確率が上がります

これは、学部生よりも2年間更に勉強してきたという実績があるからです

きちんと勉強に励んできたという実績は大きな加点ポイントになります

メリット1. 研究開発職につける
メリット2. 基本給が学部生より高い
メリット3. 就活で有利

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
スポンサーリンク
>

進学するか迷ったら

内定した企業に就職するか。。。

それともさらに勉強を重ね自分を磨き、2年後にさらなる高みを目指すか。。。

大学院への進学はかなり迷うと思います

周りより2年も遅れて社会人になる不安

研究が必ずうまくいくとは限らない不安

でも将来自分はどうなりたいのか?

バリバリ仕事をして稼ぎたいのか?

それとも今知見を養い、人として成長したいのか?

自己分析をしっかりとして、将来を考えてみてください

そうしたら自然と答えは出るはずです

就活情報まとめ

下記に就活に役立つ情報をまとめてあるのでチェック!!